無料塾についての詳しい情報はこちらボタン

【勉強法】子どもが「勉強」を嫌う理由。

・なかなか自分から勉強をしてくれない。
・どうしても、勉強に対するモチベーションが低い。
・もっと勉強を楽しんでほしいんだけど、どうしたらいいのか分からない。

なんてお悩みありませんか。

そんなお悩みをもつ「教師」や「親御さん」にとっては、残念なお知らせとなりますが、どうやら僕たちは、

「『考えること』をなるべく避けようとする。」

という特性があるのです。

「考えること」こそが「勉強の楽しさ」ですから、「考えることを避ける=勉強嫌い」となってしまうのも、仕方のないことなのです。

しかし、「仕方がない」で済ませては話が進みません。

そんな「人間の特性」を理解した上で、「じゃあ、勉強好きにするにはどうすればよいのか?」についてポイントを解説していきます。

ぜひとも、ご自身の勉強だと思って読んでみてくださいね。

目次

子どもが「勉強」を嫌う理由とは。

さて、前提として確認しておきたいのは、「人間は好奇心の塊である」ということ。

すでに「勉強嫌い」と主張しているお子様も、きっと小さい頃は、「なんでなんで?」と様々なことに気づき、「知る」という喜びを味わってきたはずです。

しかし、いつの間にか「勉強って嫌い!」と言い始めてしまう。

実は、この「嫌い」の中身を理解することが大切なのです。

「嫌い」の理由は、様々だとは思いますが、その根底にあるのは、

「考えたくない。」

という気持ちではないでしょうか。

もっと具体的な例をあげると、

「漢字テストは比較的好んで取り組むが、『〇〇についてあなたの考えを書きましょう』という問題には二の足をふむ。」

なんてことはありませんか?

実は、ここに「勉強嫌い」が潜んでいます。

結論を言うと、

「漢字テストは、『記憶』を頼りにするものだからこそ比較的取り組みやすいが、『考える』ということに関しては、どうしても取り組みずらさを感じてしまう。」

という意識が働きます。

この「考えることへの抵抗」は、特定の人だけでなく、人間として当然の反応なので、ある意味仕方がないことなのです。

もちろん、「この先どうなるか見通しがもてないこと」に対し、リスク上等で飛び込んでいく特攻隊長も少数ながらいるのですが、多くの人は、「自分の記憶で解ける問題」を好み、「見通しがもてないこと」に対しては「不安」を抱くものです。

この「記憶に頼ることができない状態」こそ、「勉強嫌い」につながっているのです。

「考えること」を避ける理由とは。

ここまで、「人間は考えることを避ける特性がある」と書いてきましたが、その「避ける理由」もはっきりとさせておきましょう。

その理由として、3つあります。

①時間がかかる
②大変
③不確か

この3つが、「考えることを避ける理由」なのです。

それでは、ざっくりと解説します。

【考えることを避ける理由①】「思考」には時間がかかる。

「避ける理由」の1つ目として、「『思考』には時間がかかる」ということがあげれます。

例えば、あなたが学校の教室へ入ったところを想像してください。

きっと、あなたの視覚は、「教室全体の映像」を認識し、聴覚からは、「にぎやかな話声」が聞こえてくるでしょう。

実は、この「一気に情報を取得する」という過程は、非常に高度なもの。

試しに、「1つずつ考えていく」方法をとってみましょう。

(教室へ入って)
「あぁ、机が並んでいるな。その周りにたくさんの人がいる。男の子かな?もしかしたらあの中に友達の・・・。」

こんな感じで1つずつ考えていくと、とても時間がかかりますよね。

しかし、僕たちは視覚や聴覚から一気に情報を取得して、その場の状況を瞬時に把握します。

だからこそ、「考える」というプロセスは、「時間がかかる」と言えるのです。

【考えることを避ける理由②】考えることは、とにかく大変。

2つ目は、「大変である」という理由です。

「考えること」にとって一番の見方は、何と言っても、

「集中力」

ですよね!

深くじっくりと考えるためには、やはり「集中する」という準備は欠かせません。

さらに、「集中する」ということは、「考え始めたら他のことはできない」という意味でもあります。

だからこそ、「考える」という行為は、様々な意味で「大変さ」がついてくるのです。

【考えることを避ける理由③】考えることは不確かである。

3つ目の理由も、なかなか考えさせられるものです。

きっと「間違えることを嫌う子どもたち」が「考えること」を避ける理由は、この「不確かである」ということがかかわっているかもしれません。

簡単に言うと、

「がんばって考えたからといって、正しい答えが見つかる保証はない。」

ということ。

考えに考え抜いた結果、「間違っていました!」なんて結果に行きつくことさえある。

本質的には、この「間違いを認識して次につなげることこそが学び」なのですが、子どもたちからしてみれば「考えて間違えるよりも、最初から答えが知りたい。」と思ってしまうのは、仕方がない部分もあります。

このように、「考えること」と言うのは、「不確かである」という特徴があるため、「なるべく避けよう」という判断が生まれてしまうのです。

「勉強嫌い」だけど「好奇心」はある。

ここで、覚えておいてほしいキーワードをご紹介します。

それは、

「考えることは嫌いだけど、クイズ好き」

ということ。

これが、子どもを「勉強好き」にするヒントなのです。

繰り返しになりますが、

「人間は『考えること』には、積極的になれないけれど、好奇心はもち合わせている。」

のです。

一見矛盾しているようですが、矛盾していません。

結論、

「『分かった!』という達成感は味わいたい!」

のです。

だからこそ、「勉強」に対して進んで取り組めるようにするためには、何といっても、

「難易度」

にこだわる必要があるのです。

具体的に言うと、

「ちょっとがんばれば、解けそう!」

がポイントです。

瞬殺の楽ちん問題は、むしろやる気が下がります。

かといって、複雑すぎると「もう無理」と思考が閉店してしまいます。

きっとあなたのお子さんも「勉強嫌いなのに、クイズにのってくる」なんてことありませんか。

「考えること」が嫌いな人間にとって「クイズ」を出すと思わず「考えてしまう」のは不自然な状態ですよね。

これは、まさに「考えれば解けるかも!」という意識が働いているからこそ、いつもはおっくうな「考える」という力を発揮しているのです。

まとめ。

本記事では、「勉強好きにするには、『解けるかも!』という気持ちが大切!」という内容をまとめました。

「教師」や「親」としては、子どもさんに「多くのことを求めがちになる」のは否めません。

もちろん、どの子どもさんも、「基本的には、勉強好き」なのです。

しかし、「できれば考えたくない。」という人間のファニーさに従ってしまい、簡単に「勉強って嫌い」と宣言しがちなのではないでしょうか。

きっと、心の奥底では「新しいことを知りたい!」という欲求が眠っているはず。

ぜひとも、「難易度」に注意しつつ、本来の好奇心を掘り起こしてあげてくださいね!

📘参考文献 #教師の勝算

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる