無料塾についての詳しい情報はこちらボタン

【学級経営】「小学校」の「学級経営」で大切にしたい4つの「心理効果」を解説。

楽しい「学級開き」を終え、スタートをきって1か月。

やる気に満ちあふれていた「子ども」も「教師」も、少しだけエネルギーが切れてくるころ。

もしかすると、

✅「できていたこと」が、できなくなってくる。
✅「人間関係」に波風が立ち始める。
✅ちょっとした「あいまいさ」が、大きな不満になる。

そんな「教師」にとって、「見過ごしてはおけないこと」について対処する際に役立つ情報をまとめました。

具体的には、次の4つ。

①ピグマリオン効果
②成長マインドセット
③好意の返報性
④ラベリング効果

どれも一度は聞いたことがあるでしょう。

当たり前ですが、「学校」というところは、「人間」の集合体。

「人間」が集合して「学級」をつくりあげているのですから、子どもたち「個」の特性をふまえて手立てを考えていくことも大切ですが、まずは、「学級」という「集団」をしっかりと「経営」し、子どもたちに「安心感」を与える必要があるのです。

そんなときに、役立つ「4つの心理効果」について見ていきましょう。

目次

「小学校」の「学級経営」で大切にしたい4つの「心理効果」。

「学級経営」は、「集団をどのように運営していくか」ということにあります。

その際にとても大切になるのは、

「教師のみとり力」

に他なりません。

子どもたちに「個」で接しながらも、「学級として大切にしたいこと」をしっかりと伝え、子どもたちが、「安心して楽しく過ごすことができる学級」をつくっていくことが肝心です。

日々の「子どもたちの変化」と、「学級の変化」を的確に「みとり」つつ、手立てを考えましょう。

そして、手立てを実行したのであれば、

「その手立てによって、何がどのように変化したのか。」

をふたたび「みとり」、次の手立てを考えていくことが大切なのです。

では、その「手立て」となり得る、「4つの心理効果」について、それぞれ見ていきましょう。

①ピグマリオン効果

「ピグマリオン効果」とは、

アメリカの教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された、「期待と成果」に関する効果のこと

です。

簡単に言うと、

「人間は期待されると、期待されただけの成果を上げる傾向がある。」

ということですね。

「学級経営」をする上で基本的なスタンスとなるでしょう。

ときに、「あなたが、学級の子どもたちにどれだけ強く期待をしているか」を間接的に伝えることも大変有効です。

例えば、教育実習生が来た時に・・・。

「この学級は、最高の子どもたちが集まっているんだ! 授業中は、元気に自分の考えを伝えられるし、友達の考えを簡単に否定する人もいない。当番活動にも進んで取り組んで、お手伝いにも積極的。間違いなく、この学校、いや日本一の学級だと僕は、信じているんです!!」

なんて、自慢をするのはいかがでしょう。

だいぶ大げさな気もしますが、これくらい「先生は、みんなの可能性を信じて期待しているよ!」ということを伝えていく方がよいでしょう。

特別な場面ではなくても、普段の朝の会のときに、

「今日は、一年生を迎える会があるね。『高学年として一年生を喜ばせてあげたい!』っていう気持ちの優しい友達が多いから、きっと一年生をたくさん笑顔にしてあげられると思うよ!」

というように、教師の期待を「具体的な言葉で伝える」ということは、大変効果的です。

そして、帰りの会で「価値付けする」なんてことができたら最高でしょう。

この「期待の繰り返し」が、「教師」と「子ども」だけでなく、「子どもたち同士」の関係を良好にして、「安心できる学級」につながるのです。

②柔軟なマインドセット

「ピグマリオン効果」と共に取り入れたいのは、

「子どもたちの考え方を『柔軟なマインドセット』に整える。」

ということです。

だれもが頑張ろうとしている4月。その「頑張ろう!」としている気持ちを教師がみとって

「その気持ちが、絶対にあなたを成長させるよ!」

という「価値づけ」をしてあげることで、「成長できる!」という意識をもたせてあげることが大切です。

「柔軟なマインドセット」は、いつから実践しても遅くありません。

例えば、「モチベーションが下がってきた様子が見られた時」など、

「みんなは、自分のことをどう思っている? ちょっとアンケートをとってみるからどちらかに手を挙げてね。①自分は、何をやってもだめだと思っている人? ②自分は、頑張れば成長できると思っている人?

と聞いてみてもよいでしょう。

ここで大切にしたいことは、

「②に全員が手が挙がるようにもっていくこと。」

です。

もちろん、子どもによっては、「自分のことを100%心から信じられる」とは限らないでしょう。しかし、

「そのとき限りの言葉や、見せかけの態度であっても、『自分の成長を信じる』というメッセージを発信したということは大切」

なのです。

そして、「目に見える具体的な成果」があったときは、

「今日の運動会は、最高だったね!! みんなが頑張って練習を続けてきたから成功につながったんだ。みんなが頑張っている姿を見れて、先生もきっとおうちの方も嬉しかったよ!」

と、「価値づけ」をしましょう。

そうすることで、「自分は、頑張れば成長できる。」という思いを、「具体的な成長」として感じることができるのです。

③好意の返報性

次にご紹介するのは、「好意の返報性」です。

これは、

「人から『好き』や『信頼している』という気持ちを与えられると、自分も『好き』になったり、『信頼』したりするという法則。」

のことを言います。

教師あるあるの1つとして、

「担任が変わると子どものキャラクターが変化する」

ということがあります。

同じ子どもでも、「接する教師がどのような支援をするか」によって子どもが変化するのです。

これこそ、まさに「返報性の法則」が働いている可能性がありますね。

ということを考えると、気をつけるべきは、学級の「やんちゃ君」への対応でしょう。

教師が、進んで「やんちゃ」というみとりをすると、期待通り「やんちゃ」な行動をとってくれるということです。もちろん、「やんちゃ」がよくないということではありませんが、「安心できる学級」にならないような行動は、減らしてもらう必要があります。

だからこそ、

「やんちゃくんの「優しい行動」を見逃さにようにして、見つけたらすかさず褒める。」

ということが大切です。

この繰り返しにより代々継続してきた「やんちゃ」という「キャラクターを変更」することができるのです。

④ラベリング効果

「返報性の法則」に合わせて「ラベリング効果」も使いこなしましょう。

人は、

「他人から期待された通りの行動をしようとする。」

という性質があります。だからこそ、学級の「優等生」は、「優等生」として継続していくのですが、困るのは、

「学級という集団の中で『自分を出すことができない』子ども。」

です。

だからこそ、「教師」として「活躍できるチャンス」を提供しましょう。

その子の「ひっそりとした輝き」を「みとり」、称賛するとともに、

「あなたは、〇〇が上手いよね。」
「あなたの良いところは、〇〇なところだよね。」

「プラスのラベルを貼る」ことをねらいましょう。

「教師」から「新たなキャラクター」を受け取ったことにより、「今までのとは違った活躍」を見せることが多々あります。

そう、「子ども自身も気づいていないよさ」を「教師」が見つけ、「ラベリング」することで、

「その子にとって新しい活躍場面を生み出す。」

ことが、「その子」にとって「安心できる学級」になるのです!

まとめ。

本記事では、「『小学校』での『学級経営』で大切にしたい4つの『心理効果』」についてまとめました。

どれも、知らず知らずのうちに聞いてくるため、絶対に意識しておきたいものばかりです。

全てに共通することは、

「子どの可能性を信じて声かけする!」

ということでしょう。

子どもは、「教師のみとり」による「具体的な声かけ」で「成長」していくのです。

ぜひとも、本記事で紹介した「4つの心理効果」を使いこなして、「学級経営」を成功させてくださいね!!

🔽「心理効果」と同じくらい「教師の話し方」も大切です!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次