無料塾についての詳しい情報はこちらボタン

【子育て】子どもに教えてあげたい話!「怒り」を「成長」につなげる方法とは。

人間には、様々な感情がありますが、使い過ぎに注意したい感情と言えば「怒り」ですよね。

「家族」のような気心知れた関係であれば、ついつい「いらいら」が募ってしまうなんてこともあるでしょう。

思い切り感情に任せてぶつかった後、「あんなに怒らなくてもよかったかな。」と反省するなんて親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、心配はいりません。

「怒り」という感情は、もともと人間に備わっているものです。ということは、「人間が生活していく中で、必要不可欠な感情である。」ということは間違いありません。

ただ、「怒り」を使いすぎるのは、いただけません。

本記事では、「『怒り』という感情をどのように使っていくことで自分の『成長』につながるのか。」ということを話題としたいと思います。

もちろん、子どもだけではなく、親御さんも「怒り」のエネルギーを使いこなすことで、より「成長」することができるでしょう。

ぜひとも、子どもさんに教えてあげると共に、自分自身の生活にも活かしてくださいね!

「怒り」を「成長」につなげる方法とは。

早速、「怒り」の使い方について解説していくのですが、前提として確認しておきたいのは、

「『怒り』というのは、捉え方次第で『敵』にも『味方』にもなる。」

ということです。

きっと、あなたも分かっていると思いますが、

「『怒り』という感情をおさえ、見て見ぬふりをする。」

という扱い方は、一番よろしくありません。

「怒り」というのは、喜びや悲しみのように自然と湧き出してくる感情です。

しかし、だからと言って、「感情の赴くままに行動してよい。」という解釈でもありません。

覚えておいてほしいのは、

「『怒り』の表現方法は、自分で選ぶことができる。」

ということです。

「いらっとした=怒鳴り散らす。」
「いらっとした=壁に穴をあける。」

という単純な結びつきではないのです。

目次

▼意識したい「怒り」の2タイプとは。

とつぜんですが、「怒り」には、2タイプあることはご存じでしょうか。

そのタイプとは、

①「見える怒り」
②「見えない怒り」

の2タイプを指しています。

例えば、「ぷんぷん怒っている。」という「態度」や「言動」が見られるのはもちろん「見える」側です。それに対して表面上は怒っているように「見えない」人にも必ず「怒り」は備わっているのです。それが、「見えない怒り」なのです。

では、この2つのタイプの違いは何でしょうか。

それは、

「『怒り』の目的の違い!」

なのです。

かなり乱暴なまとめ方ですが、

周囲の人も察することができる「見える怒り」をまとっている人は、その「怒り」を通して、

「周囲に何かしらの変化を望んでいる。」

と言えるでしょう。

だから、わざわざ「怒り」を「見える化」しているのですよね。

それに対して、「見えない怒り」をまとっている人は、周囲の変化を求めるというよりも、

「自分自身の置かれた状況や問題に対して『怒り』で対処しようとしている。」

と言うことができます。

このように同じ「怒り」という感情でも、「周囲の環境に向いているか」、「自分の内面に向いているか」という違いにより、「見える」、「見えない」の違いが生じるのです。

▼おすすめ!「怒り」を「成長」につなげる使い方とは。

さて、ここからは、「怒り」をどのように使うべきかについて書いていきますね。

もちろん、「怒り」というのは、使い方によっては「プラスの効果」を発揮します。

特に周囲へ伝わる「怒り」表現の場合は、もちろん周囲への影響があるので、使い方に気を付けなければなりません。

そんな話もおもしろいのですが、今回は、「見えない怒り」のメリットについて書いていきます。

結論から言えば、

「見えない怒りは、問題に粘り強く取り組む原動力となる。」

といえます。

どんな問題かといえば、それは多種多様です。

かなり極端な調査になりますが、

「東ドイツで、政治犯の疑いをかけられて収監され、ひどい扱いを受けた人たちのなかで、『心のなかで立ち向かった人』は、その後、PTSDになる確率が低かった。」

というものがあります。

この調査がなにを意味しているのかというと、

「心の中で『怒り』を感じるということが問題を乗り越える力になる。」

ということなのです。

この「心の怒り」は、どのような状況でも使えます。

「心の中で怒り狂う」ことによって、

「『モチベーション』や『粘り強さ』に大きな違いが出る。」

ということは、覚えておいても損はないでしょう。

「怒り」という感情は、おさえるものではなく「使い方」なのです!

▼まとめ。

本記事では、「怒りを正しく使おう!」という内容をまとめました。

やはり、人間のありとあらゆる感情には意味があるのです。

しかし、「使い方次第で効果が変わってくる。」というのがとてもおもしろいですよね。

もちろん、子どもさんが、最初から「怒り」をコントロールできるなんてことはありません。大いに「怒り」という感情を表現するさせてあげてください。

しかし、ときには「怒りの表現方法」であったり「怒りの方向性」について、アドバイスしてあげるのも、子どもさんにとって有益です。

ぜひ、「怒り」というエネルギーを活用できるようアドバイスしてあげてださいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次