無料塾についての詳しい情報はこちらボタン

【失敗指導】決してやってはいけない!逆効果になる指導法とは。

子どもたちが、生き生きと学ぶ学級があります。

その一方で、安心した学校生活を提供できない学級もあります。

教師の世界では、「学級経営」の手腕が問われます。簡単に言うと、「学級を安定させ、子どもたちに楽しい学校生活を提供する」ということでしょう。

そして、「学級の安定」は、一人ひとり違う個性をもった「教師」にゆだねられています。

そして、「教師」により、「落ち着かなかった子どもたちが、嘘のように穏やかになる。」場合があれば、「教師」により、「落ち着いていた子どもたちが、嘘のようにはっちゃける。」場合もあるのです。

では、その「子どもたちの反応の違い」は、なぜ生まれるのでしょう。

その答えは、一つではないでしょう。

しかしながら、ものごとの「成功法則」は多様でも、「失敗法則」には共通点があるのです。

本記事では、そんな「失敗指導法」の1つを紹介していきます。

ぜひ、反面教師として読んでみてくださいね。

目次

▼やりがちな「失敗指導」とは。~給食編~

僕が教師として勤めていた学校の事例を紹介させてください。

きっと、みなさんの学校にも「給食週間」なるものがあるのではないでしょうか。

給食委員会が先頭に立ち、お世話になっている調理員さんへ感謝の気持ちを伝えたり、好き嫌いや三角食べ、栄養素など、自分の食生活について見直すきっかけとなる取り組みです。

僕も、その取り組み内容には、全面的に賛成です。

やはり、自分の体は「食べたもの」からできていますからね。

しかし、この手立てはいただけません。その「失敗指導」とは、

「給食の残食0プロジェクト」

です。

このような名前とは限りませんね。簡単に言うと「給食の残りを減らしましょう。」という目的のために行われる取り組みです。

もちろん、調理員さんたちは、子どもの年齢から考えて、バランス最高の給食を準備していただいているのですから、なるべく残さない方がよいですし、好き嫌いなく食べた方がいいに決まっています。

しかし、多少なり残食が出てしまうことも事実。

その残食を減らしていくことにも、個人的には大賛成なのですが、そのときに取られた手立てがよくなかった。

その手立てというのが、

「残飯の量を掲示する(写真つき)。」

という方法です。

戦術を練った教師側の意図としては、

「ほら、毎日こんなに残飯があるんだよ。大変でしょ。だから食べようね。」

という、人間の善意に付け入ろうとする作戦であることは分かります。

しかし、このような打ち手は世界中で逆効果であると「社会的に証明」されているのです。

例えば、
・国立公園から貴重な化石を持ち帰ってしまう不届きもの。
・診察をすっぽかす無責任患者。

このどちらのケースについても、「こんなにひどい人がいる。」というアピールをしたところ、

「ルールを守る人が増えるどころか、逆に無責任な不届きものが増えた!」

という結果を招いたのです。

「こんなにたくさんの人がやっているんだから、自分もいいよね。」

となってしまった結果なのです。

だからこそ、「給食残し0」を目指すのであれば、

「この学校では、こんなに給食を食べているんだよ。」

とか、

「ほら、ごらん。給食を食べる量がどんどん増えているでしょ。」

と、「食べる側を大多数」にした打ち出し方が正解なのです。

▼やりがちな「失敗指導」とは。~宿題忘れ編~

ここまで「社会的証明」の力がもろに裏目った事例をあげてきましたが、こりずにもう1事例あげます。

今回の事例は、「宿題忘れ編」です。

みなさんは、子どもが「先生~宿題忘れました。」と申し出があったら、どのように対応するでしょうか。

僕だったら、忘れてしまったことを受け止め「次は、どうする?」と未来へつながる投げかけをします。気分がよかったら、「よく、報告してくれたね。」と、「逆ほめ」(よくないことを素直に言いだし、逆にほめられること)して、子どもとの信頼関係を深める施策に出るかもしれません。

ここで、絶対にやってはいけない「失敗指導」をご紹介。

きっと、記事を読んできたみなさんであれば、なんとなく分かっているとは思うのですが、答えを書くと、

「今日は、宿題が〇人も忘れる人がいました。明日は、気を付けましょう。」

というアナウンスをしてしまうこと。

これこそ、「失敗指導」の奥義。完全に「よかれと思って逆効果」の典型例です。

なぜ、問題があるのかというと、繰り返しになりますが、

「問題を抱えている人を多数派にしてしまっている。」

ということが、最大の「失敗指導」要因です。

先生がちょっとだけイラっとして、宿題忘れについてこんこんと語っている際、子どもたちは、真剣に話を聴いている風の態度を取りながら、

「えっ、私意外に〇人も忘れたんだ。結構忘れる子、多くてよかった。」

なんて思っているかもしれません。

だからこそ、「宿題忘れ」に対する注意喚起になっているようで、実質なっていないのです。

では、どのように「宿題を持ってきてね。」と伝えるべきかですが、ストレートにやるのであれば、

「〇〇にんも宿題を持ってきました。みんな頑張りましたね。」

と、「宿題をやってきた人を多数派として紹介する」という方法は「宿題忘れ防止」に効果的でしょう。

もう少し、プレッシャーをかけるのであれば、

「〇〇人も宿題をちゃんとやってきてえらい!でもあと〇人でコンプリートだったのにおしい!!」

というように、無言のプレッシャーをかける方法もあるでしょう。

まだ他にもありますが、だんだんと性格悪いのがばれるので一旦やめておきます。

何が言いたいのかと言うと、とにかく、

「望ましい行動をとっている人が、たくさんいるよ!」

とアピールして、望ましい行動を増やしていくことが成功法なのです!

▼「社会的証明」よりも深い闇。

ここからは、完全余談ですが、子どもたちの将来にとっては意識しておくべき内容なので、書かせてください。

ちょっとした矛盾を明らかにしていきましょう。

その矛盾とは、「給食週間の終わり方」

当然のように、

「みなさんのおかげで給食の残りが0になりました!」

となることへの疑問です。

なぜ、「社会的証明」理論では、完全に逆効果になるはずの打ち手に効果がでているのか。

これは、ずばり、

「教師の介入。」

によること間違いないでしょう。

いいんですよ。結果が出たのですから。

しかし、一点だけ言わせてもらうと、「食品ロスを減らそう。」とか「バランスよく食べようね」的な生涯必要な「食事との向き合い方」は、子どもたちに伝わっているのかということ。

さて、「給食週間」で、残飯を0にした子どもたちの心に残ったことは何なのでしょうか。

つづく・・・。

▼まとめ。

本記事では、「守ってほしいことほど、『守れている側』を大多数だとしてアピールしないといけないよ!」という内容をまとめました。

最後は、若干のホラー感を出してみました。

みなさんも、「減らしたい。」とか「増やしたい。」とか様々な目的に向かって打ち手を考えると思いますが、ぜひとも、逆効果にならないよう気をつけてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次